レロ夫の飼育箱

レロ夫の、自分による、自分のための飼育日記ブログ。為になることは、何ひとつとして書かれていない。

幼き日のレロ夫②

どうも。レロ夫です。^^ノ


約10年前の画像を見返しているこの頃。


レロ夫の生まれは滋賀ですが、子供時代は石川県で過ごしてきました。

石川県と言えば、金沢って言わないと他県民に通じないようなマイナーな県であります。

日本列島の上側のほぼ真ん中に、ピョコッと出ているあれが石川県です。

石川県内の社会教科の教師が、日本列島の略図を書くときに、ほぼ9割近くの教師が石川県まで略します。で、生徒から石川県がないでーす!(笑)とか言われてから、ピョコッとした部分を書き足します。

ちなみに、ピョコッとした部分は能登半島と呼ばれ、陸続きの孤島と呼ばれてたりします。


そんな能登半島。

レロ夫が鼻水を垂らしながら駆け回った風景がコチラ。

母方の実家の斜め向かいの小屋ですかね?ここから左の方に進むと綺麗な水路があり、よく水を飲みました。


母方の実家にいた子達。


チビちゃん(母)。


チロちゃん(娘)。


レロ夫にとって、「犬」って言うのは、柴犬のような姿形のを「犬」として認識しています。

なので、大変申し訳なかったんだが、チビちゃんを犬として認識できなかったレロ夫です。


未だに、柴犬っぽい形の子以外を犬として認識出来ないのを治したい。orz


いや。シーズーとかポメラニアンとかコーギーとか、種類としては認識できるんだぜ?

ちなみに、猫もスフィンクスやスコティッシュフォールドは猫として認識出来なかったりします。


…ってなわけで、チビちゃんの画像が本当にない。

チロちゃんばっか撮ってるや。





ちなみに、父方の実家にはリキ丸って名前の芝犬が居ましたが、この子の写真は一枚も撮ってなかったです。


犬にゃ罪は無いが、飼う人によって色々あるんやなぁと。田舎から出てくるまで、レロ夫が犬嫌いだったのは父方の実家のせいだと思ってる。

犬嫌いと言うか、犬を飼ってる人が嫌いだったw…ま、それだけ、レロ夫の父方の実家の犬の扱いが酷かった。

で、それを普通のことだと信じて疑わずに見て育ってきたレロ夫は、中々にクズだと思うぜ。


家族として可愛がられているワンコ達を見てると、微笑ましくなる反面、

自分の記憶にある飼い犬達を思い出しては、自分に対して、とてつもなく胸糞悪くなってるこの頃でございます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。