レロ夫の飼育箱

レロ夫の、自分による、自分のための飼育日記ブログ。為になることは、何ひとつとして書かれていない。

時々、ねちょる。

どうも。レロ夫です。^^ノ


なんだかんだ出ていた心身の不調は、今や見る影もなく絶好調になっているレロ夫でございます。^^ノ


やっぱあれだね?
馬鹿なふりして、何にも考えてないように見せるのが一番っすよね!
アイツは、ああいう奴だから仕方ないって、相手に失笑の上に呆れられたら、レロ夫の勝ちっすね?


そんなレロ夫が疑問に思うこと。


なぜか、コントローラーが定期的に、ねちょる。
□ボタンが、ねちょる。押すと戻ってこなくなる。


唐突やなって?話の脈絡がないって?
ま。それがレロ夫だから、許せ。
とにかく、分解して拭くんだが、これが結構楽しいw



気分は天才整備士だね?気分だけ。実際は超が付くほど機械音痴で泣ける。

ちなみに、ネジを締めるのが苦手なんで、コントローラーのネジがかなりナメッてしまってるんです。時機に分解できなくなるであろう…。


分解できなくなる分には構わんが、分解して拭いた後に組み立てられないのが一番適わんな。うん。


そういや、コイツを見てくれ。どう思う?
スジシマドジョウが2匹写っているんだが、分かるかな?


正解は、カボンバの根本。

何気なく水槽を見てて、これに気付いた時、フフッってなったわ。いや、本当に。


スジシマドジョウみたいな人間を目指すかな?
本人は至って真面目。だけども傍から見るとどこか抜けてて、それがなんとも言えない面白味を醸してる人間。


ま。そもそも、まともな人間らしい人間になるところから、レロ夫は始めないとダメそうだ。^^ノ



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。