レロ夫の飼育箱

レロ夫の、自分による、自分のための飼育日記ブログ。為になることは、何ひとつとして書かれていない。

エビ隔離水槽と石拾い

どうも。レロ夫です。^^ノ


昨日は本当に暖かい1日でしたね。
仕事中も心地良すぎて、うつらうつらしてました。
お日様に照らされているアスファルトを見ると、ゴロリと寝転がりたくなるっす。
都会の人は、アスファルトの道路で日向ぼっこする、あの気持ち良さを知らないんだろうな〜。^^ノ


まぁまぁ。本題いこうか。


我が家のエビ隔離水槽の、パールグラスたん(左側の水草)がもっさりしてきたんで、少しトリミングすることに。

少しのつもりが、根元が繋がってたみたいで、ズモッって抜けちゃいました。わろん。


ま、やっちゃったことは仕方ない。


水槽内が一気に寂しくなったんで、石でも入れようかな?と久しぶりに武庫川に行ってきました。
そこで見つけた、水色っぽい石。

早朝に行ったんで、霜が降りてただけかも知らんが、この石だけ凍ってて、持った時の感触にめっちゃビビりました。(笑)


多分、珪藻土だと思います。
持った感じが他の石よりも軽く、爪で削れるくらいに脆いです。
違ったら、教えてください。


バカなレロ夫は、化学品工場から薬品が流出して、それが固形化したもの???とアホな妄想しながら、ひとりでめちゃくちゃ興奮してました。


珪藻土(?)を河原で叩き割ってる最中に、スマホの電池が切れちゃったんで、家で続きをすることに。


この日、拾ってきた石ども。

なかなかにカッコええやろ?


珪藻土(?)は、程よい大きさに割って乾燥させました。

珪藻土であれば、水槽内に設置することで色々とメリットがあるそうで、早速設置してみたんですが、
珪藻土ではない場合、あんな狭い水槽で変な成分が溶け出るとか怖すぎるんで、そっこう撤去しました。


ってことで、飾っとくわ。


成分溶け出るの、こわい!…とか言いつつ、拾ってきた石はそのまま入れるんかい!って感じっすね。

ま。石を入れることで硬度とか変わるんだろうが、5日目の今日になっても特に変化は無いんだぜ。
水質が急に変わるとエビどもは脱皮するんだが、そんなこともなく、それはそれで怖いんだぜ。


そんなエビ隔離水槽の近況ってか、この記事の一連の流れを動画にまとめてるから見てくれよな!

エビ隔離水槽と石拾い


ちなみに、4ヶ月ぶりくらいに武庫川に出向いたのにも関わらず、マダム&紳士の方々がレロ夫のことを覚えてて下さいました。^^ノ 嬉しいっすね!


あ。最後に言い訳しときますね!


川で見つけた人工的な物は、川から持ち出すことが禁止されてるらしいが、
石や流木なんかは、常識範囲内の量の持ち出しであれば大丈夫だそうです。
※保護地域などは条例が制定されてることもあるので、各自治体などに電話確認して下さいね。(丸投げ)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。