レロ夫の飼育箱

レロ夫の、自分による、自分のための飼育日記ブログ。為になることは、何ひとつとして書かれていない。

メダカからグッピーへ。

どうも。レロ夫です。^^ノ


今回は、長ったらしい前置きなんぞ無しにズバリ本文に入ります。


「メダカはレロ夫には無理なんで、グッピーに移行します!!!」


…はい。メダカから、手を引こうと思います。
そもそも、メダカを飼育することになったのは、武庫川にガサに行くぜ!エビがいたぜ!なんか知らんけど魚もおった!え?メダカ?なにそれ、すげえ!!!よっしゃ!適当に飼育してみるべ!!!って軽いノリで始めたんす。


和金が至高!和金以外は(ry なレロ夫にとっては、メダカなんぞエビのオマケ程度に考えておったが、その愛らしさに気付き、ショップからも何匹か迎え入れるくらいにまでメダカを好きになりました。


で、メダカって、卵産むんだよね。たまご。


金魚とか川魚とかの卵ってなかなか目に付かないけども、メダカって卵を産んでからしばらく、身体に引っさげているんですよね。で、気づいたら水草に卵をくっつけてる…みたいな?
で、水草にくっつけられた卵がどうなるかっていうと、他のメダカが食べる。
上手い事、影に隠れてて無事だった卵から、稚魚が生まれても、他のメダカが食べる。


守りたくなるよね!^^ノ


だけども、初心者なレロ夫にゃ無理でした。
産卵箱やベビーフードを買ったりしたが、孵化させても、稚魚が消える。
ネットで原因らしきものを調べると、出てくるのが「餓死」。


外でビオトープとかでの飼育だったら、グリーンウオーターやらなんやらで、栄養を補給しながら元気よく育つのかもしれんが、レロ夫は、初心者にも関わらず、無謀にもメダカを室内飼い。


挙句の果てに、リトルハニーに、「メダカのあかちゃん、どこいったの?」「しんじゃったの?」「かわいそう」…と泣かれてしまいまして、レロ夫自身もせっかく生まれた命なのに、ちゃんと育て上げられないのが辛くて、メダカから手を引くことにしたんす。


別に、増やそう!とか思わなければ、ただ単にメダカを飼育するってだけなら、メダカを辞めるってことはしなくてもいいんだけども、やっぱり、卵をぶらさげてたら手を出したくなっちゃうし。


だからと言って、グッピーに手を出すのはどうなんだ?って声もあるかもしれんが、まぁ、そこは無責任なレロ夫だから許して。
エビ隔離水槽の今いるメダカたちが、ひとり、またひとりと死んでいって、最後に1匹メダカが泳いでいるという光景が耐えられそうにないってのが正直な気持ちだけど。


リトルハニーには、グッピーは卵を産むのではなくて、直接、稚魚を産む姿を見てもらって何かを感じ取ってもらいたいもんす。


あ。長文読むのが嫌で飛ばした方!動画は見て行ってね!★(はぁt

メダカからグッピーへ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。