レロ夫の飼育箱

レロ夫の、自分による、自分のための飼育日記ブログ。為になることは、何ひとつとして書かれていない。

レオパに給餌する、幼女。

どうも。レロ夫です。^^ノ


いやあ。時が経つのは早いものですね。
つい先日まで、ヨタヨタと歩いてたTHE幼児だったリトルハニーが、
「あ"ッ?!そんなこと言うなら殴るよッ?!?!」と言いながら蹴りをかましてくるようになりました。(感涙)


そんなリトルハニー。飼育箱の子達の世話を気まぐれでしてくれます。
今回は、リトルハニーがレオパのルイ君に給餌してくれたという動画のご紹介っす。

レオパに給餌する幼女


まだまだ、小さな生き物と触れ合う上での距離感や気をつけなきゃいけないことを、きちんと理解できていないですが、ゆっくり焦らず、様子を見て伝えていけたらなと思います。
知識を押し付けるのは造作も無い事と思いますが、リトルハニーがきちんと自分で考えた上で、自分の経験として身につけてもらいたいと願うばかりっす。^^ノ


そんな、レロ夫が溺愛しているリトルハニーが、レロ夫を描いてくれました。

モザイクかけてあるのは、まぁ、察してくれ。
レロ夫はまだ、消えたく無いんだ…ッ!無いんだッ!!!(笑)

クサガメのセルフ甲羅磨き

どうも。レロ夫です。^^ノ


溜まりに溜まったブログのネタを、どのように放出していこうかを考えるのって面白いよね。(唐突)
で、考えている間に熱意が冷まって、そのままボツになったりね?…うん。あるある!
とりあえず、YouTubeに動画投稿したやつに関しては漏れなくブログで紹介していくんだぜっ!


今回も今回とて、クザカメの んがめ姐さんの話でございます。^^ノ
え?ルイ君???
ちゃ、ちゃんと生きていますぜ。ご心配なく!


んがめ姐さんの水槽ってか陸場には、石が置いてあります。(使い回しの画像で申し訳ない。orz)

この石。ただのレイアウトとして置かれているんじゃありません。めちゃくちゃ大切な石なんす。これ。


どう、大切なのかって言うと…おっと、誰か来たようだ。続きは動画で見てくれ。

クサガメのセルフ甲羅磨き


いやね?んがめ姐さん、この石で甲羅磨きするんよ。可愛くね?////


姐さんが実家に居た時は、クソ狭い水槽の中に居たのもあって、こんな姿を見ることは無かったのね???
やから、初めてこの行動を見た時は心を射抜かれたかと思いました。


…いや?違うな?
レロ夫のハートは既に姉さん達に射抜かれまくって刺さる隙間が無いくらいです。><////


自然下でも、石や草木などに甲羅を擦り付けて磨くそうです。なるほど。
野生の亀たちの甲羅がピカピカなのはさんさんと降り注ぐ太陽光以外にも、秘訣があったのですな?


今後も、飼育箱の子達の、ふとした愛くるしい姿を皆様にお届けしていくんで、読者登録の方宜しくお願いしますんだぜ!^^ノ

HDBR!リールホースを買ったぜ!★

どうも。レロ夫です。^^ノ


さあ!問題です!
HDBRとは何の略でしょうか???イッツTHEシンキングタイム!★





答えは、「ハッピーバースデイ レロ夫」の略でした!(殴)
いやね?もう5ヵ月ほど前なんだが、無事に生誕祭を終えることが出来ました。ええ。
で、自分から自分への誕生日プレゼントとして、リールホースを買ったんすよ!やったね!(涙)

見本として並べられていたもので、箱無しということもあって、かなり安価で買えました!やったね!(二度目)


今まで、風呂場から廊下、リビングを突っ切ってベランダへ…と12リットルのバケツを一人で何度も往復していたんだが、このリールホースがあればベランダに座り込んだまま水を自在に出すことが出来るんす。便利!!!
ちなみに、我が家の飼育箱はベランダのある窓に隣接させているので、排水もポンプを使って排水口に直接流しています。
あ、レロ夫は、ベランダに飼育水(うんこが溶け入った水)を捨てる時は、ホースからも水を出して薄めながら捨ててます。


レロ夫もいい年になってきたんで、いつ何時、腰をいわしてしまうか分からんのと、
後は、2018年10月に痔の手術を控えていたんで、術後に身体にあまり負担をかけないようにと、リールホース購入に踏み切りました。
いやあ。本当にいい買い物したよね!使用し始めて5ヶ月経ったんだが、もっと早くにこうしておけばよかったって思ってるもん。^^ノ


動画もあるんで見ていってくれ。

【祝】HBDR!リールホース買ったった!


生き物を飼育する上で、日々の掃除を面倒に感じて手放す人が多いんではと、レロ夫は思う。
ま、面倒ってだけじゃなくて、肉体的・時間的に難しくて出来なくなったって人もおるのかもしれん。


何にせよ、飼育している子が可愛くなくなるなんてことは無いし、手放そうと考えてしまう人がいるんであれば、日々の掃除やらに追われて飼い主さん自身が精神的に追い詰められている…いわば、病んでいる状態やと思うのね?


今やネット社会。色んな情報を簡単に得られる時代なんで、水棲カメの飼育(特に水換え問題)に行き詰まっている人がいるんであれば、レロ夫のしょうもないリールホースの話が届けばいいな。なんてね。^^ノ 


正直、レロ夫は、効率化ってのは愛が足りない行為だと思ってたんよ。上手く言えないけども、苦労してまですることこそ、愛みたいな?
似た話かどうかは知らんが、ペット用の消臭剤とかに凄く嫌悪するのね?あと、爪切り。
掃除もニオイも爪も、全部、本当にその子が好きだったら、そのままで受け入れられるだろう?!と。
やけども、そういうのも、なんか違うなと思い始めたこの頃。


水棲カメの寿命は10年どころか、20年30年を軽く生きるそうなんで、カメも飼い主も無理のない付き合いをしていきたいものですよね。
これからも、自分がいいなって思ったことを発信していこうかと思います。誰も見てないだろうけど。(笑)