レロ夫の飼育箱

レロ夫の、自分による、自分のための飼育日記ブログ。為になることは、何ひとつとして書かれていない。

ナナたん、バラすのら!★

どうも。レロ夫です。^^ノ


タイトル名には触れないでくれ。なんか言いたい衝動に駆られただけなんす。


はい!今回は、前々よりどうにかしたいと思っていた、アヌビアスナナと流木の処理です。


武庫川で拾ってきた流木なのですが、加熱処理してないので、なんか菌糸類がニョキニョキと生えてきて気持ち悪かったんで処分することにしました。


なので、流木に活着してたアヌビアスナナたんを救出。

カッターは、色が変わるまで灼いて、消毒しておきます。

流木からナナたんを剥ぎ取る前に、ラムズホーンやらの生き物がくっ付いていないかを良く確認しましょう。

知らずに素手ですり潰したりすると、罪悪感というか嫌悪感すごいもんね。


ちなみにこれやってるの、今日の朝5時。どんだけ暇人やねんって感じやな?


ラムズホーンやらを除去した後は、ナナたんの根っこをカッターで切り離していきます。

ハサミだと、ナナたんの細胞を潰しちゃうので、切れ味のいいカッターで切り落とすのがオヌヌメ。細胞を潰しちゃうと、そこから腐っちゃうらしいぜ?知らんけど。


切り離したら、今度は、活着しやすいように切り分けるっす。

その前に、ナナたんの成長記録写真でも。

ホント、だいぶ大きくなったなぁ。


切り分ける時は、成長する方向を確認してから切り分けます。

ナナたんは、成長方向の向きでしか成長しないんで、実際の切り分けたナナの向きと、成長後の様子をきちんと想像するのが大事っす。

向きも大事やが、活着させるために流木やオブジェにくっ付ける方法も大事っす。

レロ夫は結束バンドを使います。締めすぎて、ナナたんの細胞を潰すのを抑えてくれます。

テグスでの活着方法をよく見るが、力加減を間違えて、ナナたんを傷付けることを考えたら、結束バンド一択ですな?

ナナたんは上に向かって伸びるので、下の方にだけナナたんを結びました。

今後、


さて。寝るわ。おやすみ。


【追記】

眠た過ぎて、途中で適当に切り上げてすみませんでした。orz


流木の調子が悪いのと、モロコどもが隠れられる場所が増えればいいなと思い、新しくシェルターを購入しました。

今までのがSサイズで、今回購入したのはMサイズです。…もう少し大きいのでもよかったな。


ナナたんを活着させるときは、出来るだけ下の方にだけ留めます。成長するにつれ、上の方に伸びるからね。

しばらくは見栄えもわるいだろうけども、まぁ、落ち着くっしょ。


テーブルの上にラップを何重かにして作業をすると、終わった後の処理がとても楽っす。

レロ夫の水槽の写真でラップが反射して写り込む確率が高いのはこれのせい。


さて。二度寝するわ。ぐっない!

写り具合と比例する愛

どうも。レロ夫です。^^ノ


レロ夫の愛は有限っす。
100ある愛を、優先順位の高い順に振り分けて行くんす。


…ってことで、すまんな?メダカども。
レロ夫、がんばってお前らのこと、愛そうと誓ったものの、金魚どもとの間に変えられない壁がどうしてもあるようだ。


まず、メダカのことを記事に書かない。
写真も、撮ろうと決意しないと撮らない現状。


ま。すごく久しぶりだが、エビ隔離水槽を見てくれ。

CO2の添加もしてなけりゃ、水草育成にゃ向かないと言われてるLED照明なのに、見事なランナーの、グロッソスティグマ。


水槽、1つ撮るにしても、金魚水槽撮る時とえらい違いやな?


レロ夫自身、こういうの一番嫌い。
「これ好きなんだー。(パシャリ)」って写り映えもなにも気にせず、ただ単に撮りましたってやつ。
好きなモノなら、他人から見ても素敵だなって思ってしまうような写真を撮るべきだ的な?
努力してもアカンのは、しゃあない。
本当にテキトーに、逆光もピンボケも気にせず撮った写真が嫌い。


メダカへの愛の限界。

これ以上、レロ夫はメダカを愛せないようだ。^^ノ


てか、スイートりとるマイハニー()が入れた、ネオンテトラ。
どうせすぐ死によるわって思って、匹数をブログでお知らせしなかったが、迎え入れた5匹全員生きてるわ。すげぇな?熱帯魚。強え。


メダカの稚魚は見なくなったな?親に喰われたかな?
メダカは、武庫川で拉致った子、青、ヒメダカ3の5匹が生き残ってますね。


レロ夫がエビ隔離水槽で愛してやまないのは、ネオンテトラでもメダカでもエビでもなくて、こいつら。

ツインテール幼女こと、ラムズホーン!


可愛いよ!幼女!hshs////


もう、撮り方が違うね?


撮った枚数も違うわ。ゲンキンなやつなんす。レロ夫ってのは。

透明なラムズホーンが生まれました。やべえ。何もしてないのに勝手に品種改良されまくってる。
元々のレッドラムズホーンはいずこ?(※金魚水槽内)


まぁ、愛の程度に差はあれど、レロ夫の子どもにゃ変わらんから、出来るだけ不自由なく育てられる環境は作るんだぜ!

ポジティブしんきんぐ★

どうも。レロ夫です。^^ノ


女好きって書くと、とんでもないクズ臭が漂うが、

女のコが好きって書くと、割と普通な感じ。

しかし、女児が好きって書くと、たちまちロリコン扱い。…なぜなんだぜ?


クッソ生意気になる前の、3〜7歳が好きだ。

性に対して興味津々の、12〜14歳が好きだ。

15〜24歳はなんか、女オンナしてて怖いが、お付き合い出来るなら、お突き合いしたい。

25歳〜とか、絶対、クソエロいやん?


…みたいなことを、レロ夫が年がら年中のたまうわけだが、延々と聞いてくれる、優しいツレ。

一緒に出掛けている時に、「ああいう女のコ、タイプやろ?」とツレが指差す女のコは、百発百中レロ夫のタイプ。なぜ、分かるんだ?(恐怖)


まとめサイトとかに、1枚の写真に複数人の女のコが写っていて、その中の1人を直感で選ぶっていう記事が時々あるのね?


毎回。この女を選んだ奴は童貞wwwって童貞認定される子を選んでるのね?レロ夫。


どどどど童貞ちゃうわ!まんこへの挿入が未経験なだけだし!!!()

地球に穴掘って、ちんこブッ刺したら、地球とセoクスしたことになるらしいぜ?何があってもレロ夫は責任持たないけどな!!?


そんなレロ夫の、ポジティブしんきんぐ★


positive thinking 積極的。楽観的。


積極的と楽観的は、意味が相当違うと思うの。

まぁ、そんなことは置いといて。


レロ夫に関わる女のコ達は、全員レロ夫に気があるんじゃないか?って気付いてから、とても生きやすくなった気がします。


まず、素っ気ない態度をされるとしましょう!

出ました!これが、あの有名な「好き避け」です。


レロ夫のことが好き!でも、私なんかがおこがましいわっ!…そうよ!私なんかに好かれても、レロ夫さんは…ッ!!!


って、レロ夫が好き過ぎるあまりに、これ以上好きになっちゃいけないという自制に駆られて、レロ夫に冷たい態度を取っちゃう奴ですね?


レロ夫は優しいので、そんな女のコにも優しく近付いて寄り添うように心掛けています。


次に、宗教や保険、香粧品やら嗜好品をめっちゃ勧めてくるとしましょう?

よく、詐欺だろ?だのなんだの聞きますが、違うんだな〜?これが。


レロ夫さんと、お話ししたい!デートしたい!…でも、私、くち下手だし。…ハッ!!!私が好きなことについてだったら、たくさんレロ夫さんと話せるし、教えてあげられる!!!


…って、レロ夫とどうしても接点を持ちたいあまりに、レロ夫が興味ないことでも一生懸命披露して、どうにか聞いてもらえないかと、あの手この手で四苦八苦しよるんよ。


最初は少し邪険に扱いますが、一生懸命、レロ夫にアプローチしてくる姿があまりにも可愛すぎるので、ある程度の回数を重ねたら興味のある振りをして、ある程度、女のコの言いなりになってあげるくらいに、レロ夫は優しいです。


あと多いのは、外でツレと食べる時に、レロ夫の注文したやつだけ、なかなか出てこないってやつかな?

ツレが半分以上食べ終わってるのにも関わらず、レロ夫の料理が一向に出てくる気配がないって事がしょっちゅう。


ま。これは、ツレも言うてるから、周りから見てもバラバラなくらいに好意がダダ漏れなんだけどな?

普段、ホール(キッチン?)とかに入らない美人のウェイトレスが、レロ夫に一目惚れしちゃって、レロ夫のために拙いながらも一生懸命作ってるみたいなんよ。

他にも、レンチンで済むのに、わざわざ、種を蒔いて収穫して粉を引くところから作ってるんやとか。

女のコが全裸で材料をこねてくれてるとか、それどころか、原材料の母乳がなかなか出なくて手間取ってるやら。


もう。あれだよね?

なんだって、許しちゃうよね?^^ノ



そんなレロ夫は、遠足やら発表会やらの当日、朝早く起きてしまうタイプです。


なんで、今日、早起きしたんやろ。(遠い目)


ま。今頃、世の中の女性陣みんなが、レロ夫のことを想いながら、せっせとチョコ作りに励んでいるであろう!^^ノ


で、作ったのはいいが、「恥ずかし過ぎて渡せない!でも、せっかく作ったのに…。////」…って女のコたちがグズグズしている間に、今年も渡せないままバレンタインが終わるんですね?分かります。^^ノ


…てか、同人誌で培った知識はアテにならないから、みんな気を付けろよな?

母乳って子ども産まれてからじゃないと出ないらしいな?

てか妊娠中も出ないらしいな…?腹ボテセoクスの描写で、母乳が噴き出てるのがいいのに…。


処女だろうがなんだろうが、胸が大きい女のコは、胸を揉まれただけで母乳出るのかと思ってたわ。割と本気で。