レロ夫の飼育箱

レロ夫の、自分による、自分のための飼育日記ブログ。為になることは、何ひとつとして書かれていない。

ランちゃんの脱走

どうも。レロ夫です。^^ノ


ランちゃんが脱走しました。今日で3日が経ちましたが、まだ見つかっていません。

以下、経緯と見苦しい言い訳です。


25日の朝、ルイ君の身体が白っぽくなってきており、脱皮しやすいように、シェルターを入れました。(前日24日に消毒)

その時には、ふたりとも水槽の中で確認。シェルターを入れるために、中の内装を動かした。


25日の夜、飲み会で23時ごろに帰宅。累卵水槽の確認はせずに就寝。


26日の朝、飲み水や糞の掃除のために、シェルター等を退かすが、ランちゃんが居ないのに気付き、砂(ソイル)もくまなく探すが見つからない。

レロ夫ハウス2号から、ヒーターのコードを伝って、外に出れなくもないような配置をしてしまっていました。


26日、家具の隙間や、カーテンを探す。動かせられる家具は動かして探すが見つからず。

窓側に、累卵水槽で使って居たシェルターやオブジェを窓際に並べ、日光浴しに出てきて居ないか、昼休みに帰宅し確認するも見つからず。

夜、帰宅してから窓際に並べたシェルター等の中を確認するが居ない。


ニホントカゲの脱走で調べると、脱走から72時間がデッドラインって出てきました。25日の日中に脱走したと考えて、そのデッドラインを越しました。

明日から休みに入るので、大掛かりな捜索をしますが、その前にご報告です。


「自分のせいで」って思い詰めるのがしんどくて、「ルイ君が食べた?」と思いたい自分に嫌悪です。

ソイルの中から、千切れた尻尾が出てきたり、ルイ君が消化不良起こしたりしているわけでもなく。

ルイ君をハンドリングしても、お腹が異様に膨れているわけでもなく、ランちゃんが入ってるとは思えないんで、やっぱり自分がランちゃんを脱走させてしまったんですね。


デッドラインを超えたとは言いましたが、ランちゃんの姿を見るまでは自分でも納得出来ないので、脱走させてしまった報告のみにとどめます。


それにしても、言い訳がひどいですね。

とりあえず、死んだと決まったわけやないんで、次回の記事からは、いつもみたいな感じでの投稿です。脱走させておいて…と不快に感じる方も居られると思いますが、カラ元気で居ないと自分がしんどいんです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。