レロ夫の飼育箱

レロ夫の、自分による、自分のための飼育日記ブログ。為になることは、何ひとつとして書かれていない。

武庫川へ散策。〜その1〜

どうも。レロ夫です。^^ノ


気が滅入ってしんどい時。そんな時ほど、レロ夫は外へと繰り出します。


武庫川に全身着水以降、家族から危ないからと封印されていた武庫川散策ですが、塞ぎ込んでいるレロ夫を見兼ねてか許しが出ましたので、さっそく行って来ました。

我ながら、節操ねぇな。(苦笑)


朝日が昇るか昇らないかの薄暗いなか、久しぶりに相棒のアミを持って出掛けようかと思ったら、アミが見当たらない。

どうも、先日の台風で吹き飛ばされたようで、駐車場に立てかけてありました。


で、武庫川に到着するやいなや、「おはよう!」「元気にしとった?」「久しぶりやねぇ」と声を掛けて下さる、紳士淑女の皆様。尼崎はええところです。^^ノ


寒くなってからの武庫川は初めてなので、見慣れない魚とか居るやろうかと期待したものの、エビが3匹アミに入っただけだったので、大人しくエビどもをリリースして少し移動。


この間の台風では、川岸が水底に沈んだとかなんとかで、流されて来た細かい砂に足を取られ、とても歩きづらかったです。

水のチカラと言うものは凄まじいもので、岩をも砕き、石を運び、砂と化す…流されるものは自然のモノとは限らず、人工的なこんなものも見られました。

なんぞこれ?


置いてけぼりの川(レロ夫命名)

なにか、生き物がいないかと覗き込んだが、特になにも見つけられなかった。

が、カラスやその他の野鳥の水飲み場となっているのか、周りに足跡が無数有りました。


スマホの限界なのか、ただ単にレロ夫にスキルがないのか、実際に見た景色と収めた景色が別物すぎて泣きたいorz

撮る景色は、人間の目で見る以上の景色であるべきだとレロ夫は思う。

人間にゃ見えてない色の波長やらなんやらも、レンズ越しには映り込んでるかもしれんのやから。


まぁ。アホな戯言はこの辺にしとかないとね。

「なに」を撮りたいのかよくわからん写真ばっかだが、許せw


ちなみに、その2に続きます。

その2は少しふざけるんで、もう少しお付き合いくだせぇ…。orz

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。