レロ夫の飼育箱

レロ夫の、自分による、自分のための飼育日記ブログ。為になることは、何ひとつとして書かれていない。

レロ夫、ガサに行く!②

どうも。レロ夫です。^^ノ


前回、フナの稚魚3匹、マドジョウ1匹、エビ数匹を捕獲したのに味を占めたレロ夫は、2週間続けてる武庫川ガサに行きましたとさ。


朝の4時ごろに武庫川に到着。

ヤモリ様が早速出迎えてくださったので、容赦無く捕獲。すぐに野に帰しました。


紫陽花には、街中では普段なかなか見られない、かたつむりが何匹かいました。


2週間続けてのレロ夫出没には、紳士淑女の皆様も興味津々で、何人かに声をかけて頂きました。

この日は前日の大雨の影響で、前回、フナ達を捕獲したところは水底に沈んでいましたが、優しい紳士な方がメダカスポットまで案内して下さいました。


大漁っすね!^^ノ

紳士さんは、孫と昔よく来たとポツポツと語って下さいました。流石、人情に厚いと言われる大阪の近くなだけあって、皆様お優しいッス。


メダカは尾の近くがラメが入ったような鱗を持っていて、キラキラと光っててとても綺麗です。

フナの稚魚に慣れたのもあったのか、金魚どもが小魚を追い回すことはこの頃には無くなっていました。


その後、もう一度出掛けた時に、お目当のニホントカゲ様を捕獲。

いや。以前、レッドラムズを里子で迎えた某地域密着型掲示板にて、ニホントカゲを探してらっしゃる方がいたので、代理で捕獲しますとボランティアのつもりでかって出たんです。


いやあ。カッコいいですよね!自分が育った石川県の某市にいるトカゲは、ニホンカナヘビだったんで、ニホントカゲは兵庫に来てから初めて見ました。


いつか、爬虫類を迎え入れたいと、爬虫類飼育を卒業された方から、激安で譲り受けた、ピタリ適温と暖突が役に立った。(暖突はこの時にはまだ使ってないが)


早速、武庫川にもう一度向かい、ショウリョウバッタやイナゴ的な小さなバッタをエサ用に捕獲しに行ったのは言うまでもない。


この数日後、この子は引き取られて行ったわけですが、その際にお礼としてお菓子を頂き、お菓子と引き換えにしたみたいな罪悪感が凄かったのは言うまでもない。

お菓子は美味しかったです。モロゾフ最高!

ま、このことがきっかけで、その方と爬虫類について話しするようになったので、本当にいいご縁に巡り合ったなと思います。^^ノ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。